オリーブの木・オリーブオイル刃物・スライサーフライパン・鍋・五徳・調理家電調理器具お菓子作り・シリコングッズ
卓上小物・容器・収納・クロスコーヒー・紅茶・ワイン小物 お掃除用品・シンクマット生活アイデア雑貨&インテリア 

店長日記

お鍋の選び方のコツ・ポイント

こんにちは、ユーロキッチンかさい店長の河西零です。
前回の日記からまたご無沙汰してしまいました…

今回は、良いお鍋を選ぶコツについてお話します。

良いお鍋を選ぶポイントは、主に上の3項目です。
【1】底が分厚いお鍋を選ぶ
【2】アルミ素材のお鍋を選ぶ
【3】できればふっ素樹脂系コーティングを選ぶ

詳細は下記をご参照下さい。

【1】底が分厚いお鍋を選ぶ
底が薄いステンレス製のお鍋は、焦げ付きやすくなります。
逆に、底が分厚いお鍋は、長時間煮込んでも焦げ付き難いのです。
底が分厚いと、均熱性(一か所だけ高温にならず、お鍋に均一に熱が伝わる性能)が高くなり、
さらには熱容量(熱を蓄える量)が大きくなります。
煮込み料理の際に焦げ付きが気になる方は、底が分厚いお鍋を選びましょう。
アルミのお鍋の場合、底の厚さは7~8mm位あるものが理想です。

【2】アルミ素材のお鍋を選ぶ
アルミニウム合金素材は、熱伝導率が高く(ステンレス、チタンの13倍、鉄の4倍)、
比熱(1kgあたりの熱容量)も高い(ステンレス、チタン、鉄の2倍)優れた素材です。
熱伝導率が高く、比熱が高いと、お鍋に熱が速く伝わり、沢山熱を蓄えられます。

★熱の伝わり方: ■悪い■ チタン≒ステンレス<鉄<アルミニウム ■良い■
★熱を蓄える量: ■悪い■ チタン≒ステンレス≒鉄<アルミニウム ■良い■

【3】できればふっ素樹脂系コーティングを選ぶ

ずっと使える素地のお鍋(コーティング無しのお鍋)も魅力的ですが、
日々のメンテナンス性を考えると、
やはりコーティングは欲しいところです。
流行のセラミックコーティングは、耐熱温度が400℃前後ありますが、
残念ながらすぐにこびりつく(焦げ付く)様になります。
ふっ素樹脂系コーティング(テフロンとも呼ばれますが、テフロンはデュポン社さんの
登録商標です)は、以前はPFOA/PFOS等の環境ホルモン問題があるものもございましたが、
現在は「ガストロラックス社のデンマーク製バイオタンフライパン・鍋シリーズ」等、
安心して使えるものも増えています。
ただし、ふっ素樹脂は耐熱温度が250℃前後ですので、温度管理がずさんだと
コーティングが劣化しますので、使い方にはコツが必要です。

スープや煮込み、油での揚げ物の場合、お鍋の温度はそれほど高温にはなりませんので、
あまり気を使う必要はありませんが、焼いたり炒めたりする場合は、注意が必要です。
※揚げ物は、150~190℃前後ですので、コーティングを傷める心配はありません。

長持ちさせる使い方のコツは下記バナーをご参照下さい。 コーティングフライパンを長持ちさせるコツ


以上の事から、底が焦げ付きにくく、おいしい煮込み料理を作りたい場合、
重いアルミのお鍋を選ぶことが最も重要です。

どうしても軽いお鍋でないと持ち運べないという方は、
「イタリア・イルサ(ILSA)のヒートディフューザー」
お鍋の下に敷くと、均熱性が高くなり、焦げ付きを減らすことができます。
※ヒートディフューザーは、コンロの仕様によってご使用できない場合もございます。
 ご購入前に各商品のページのご説明・ご注意を必ずお読み下さい。


長くなってしまいましたが、是非お鍋を選ぶときのご参考になれば幸いです。

ハンディタイプ掃除機のニカド電池の復活と、錆びにくい食器の関係

こんにちは、店長日記をずっとサボってしまったユーロキッチンかさい店長の河西零ですm(_)m

キッチン用品とは全然関係のないお話なのですが、場合によっては有益な情報なので、しばらくお付き合いください。

ふと、数か月も使用していなかった充電式のハンディタイプ掃除機を久しぶりに取り出して使おうとしました。

しかし案の定、電池は放電していて、スイッチを入れても動きませんでした。

充電器にセットすると、充電ランプがつかず、充電もできない状態でした。調べてみると、電池は充電式のニカド電池でした。

そこで、試しに自動車・バイクのバッテリー充電器をバッテリーの充電端子に一瞬当ててみたところ、充電器のランプが点き、無事充電ができるようになりました。(この方法は「電池起こし」と呼ぶそうです)※電気は大変危険です。場合によっては機器を壊してしまったり、感電事故や火災につながる可能性もありますので、十分調べてから自己責任でお試しください。

充電ができなかった原因としましては、長期間放置した際に、自然に電池が放電し、電池内部の端子にサルフェーション(通電性のない酸化被膜等)が付着していたことのようです。

通常、乾電池やスイッチの接点の表面は酸化被膜で覆われていて、電流が流れると、その被膜を破って通電します。

チタンやステンレスなどの金属のほとんどは実は錆びやすく、表面がすぐに酸化することによって被膜ができ、それ以上内部が腐食しない状態になります。ステンレスのフォークやナイフが錆びにくいのは、実は表面が薄く錆びてコーティングができているのです。

自動車やバイクのバッテリーは、実は10年くらいは使用できるといわれています。寿命が短くなるのは、主に内部の端子に付着するサルフェーションが原因で、サルフェーションを除去すればより長く使用できます。(最近ではサルフェーション除去機能の付いた充電器も販売されています)放電の際、サルフェーションは付着し、充電の際、サルフェーションは剥がれます。

同じものでも食器では良い役割を果たし、バッテリーでは悪さをしてしまう酸化被膜君・・・

以前の店長日記でも書かせていただいた、「フライパンではすごい性能を発揮するも、窓のサッシでは熱を逃がしてしまうアルミニウム君」に似ていますね。

たまーに日記を書いているような状況ですが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

プロも知らないコーティングフライパンの豆知識

フッ素コーティングの薄くて軽いフライパンを、買ってすぐダメにしたことはありませんか?

(フッ素コートはよくテフロンと言われますが、テフロンはデュポン社の登録商標です)

すぐこびり付くようになってダメになるのには、理由があります。

コーティングの質や洗い方なども重要ですが、それよりも強火で使うことの方がコーティングに致命的なダメージを与えます。フッ素コートの耐熱温度は、およそ250℃前後ですので、これを超えるような強火での調理は、フライパンの寿命を縮めてしまいます。

薄くて軽いフライパンは扱いやすくて人気ですが、火にかけるとすぐに部分的に高温になるので、コーティングを痛めやすいのです。

ですので、弱火から中火で調理するのがフライパンを長持ちさせるコツですが、軽いフライパンだと弱火ではなかなか焼けません。一方、分厚くて重いフライパンだと、弱火で3分くらい予熱すれば、たくさん熱をたくわえられるので、弱火でもしっかり焼けます。
よって、薄くて軽いフライパンでも、弱火で調理すればそこそこ長持ちします。でも、おいしい料理を作ろうと思ったら、しっかり火が通せる重いフライパンである必要があります。
重いフライパンと言っても、素材がステンレス、鋳鉄、チタンなど色々ありますが、その中でも優秀なのがアルミです。アルミは熱伝導率(熱の伝わりやすさ)と、蓄熱量(熱を蓄える量)がとても良いので、最適な素材のひとつといえます。

しかし、重いフライパンは、安いものに比べて材料費も生産コストも高くなるので、お値段も高くなります。

でも、重いアルミのフライパンは、料理が美味しく焼けます(^ー^)

使い比べると、その差にびっくりすると思いますよ♪

そして、その重いアルミ製コートフライパンの中でも、頂点に立つのが、デンマーク製ガストロラックス社のバイオタンフライパンです。

(2008年のドイツtest誌での評価です。ドイツの評価なのに、デンマークがNo.1に評価されています)

お値段が高いので、購入するのに気合が必要ですが、本当に良いフライパンです。

皆様も是非、その性能をお試しください♪

魚の臭い取りの裏技

魚料理は健康的で美味しいものが多いですが、手に付く魚の臭いが気になりますよね?

そこで、ステンレス製の「スチールソープ」なるものが活躍します。

スチールソープを流水でこすると、見事に生臭い臭いが取れます。

しかし、一体どのような原理で臭いが取れているのでしょうか?

実はまだ解明されていないんです。

ステンレスの触媒作用なのか、電気的に分解されているのか定かではありませんが、臭いが落ちることは事実です。

現代科学がスチールソープに追いついていないということになりますね。

★裏技★

同じステンレス製ならば・・・ということで、現在、世には色々なコピー商品も出回っています。

安価なもののなかには、臭い取りの効果が出ないものもあるようです。

ステンレスと言っても、成分が異なる様々な種類のものがありますが、効果の有無はその違いなのかもしれません。

ところで皆様のご家庭のシンクはステンレス製ですか?

「同じステンレス製ならば・・・」ということで、是非シンクに水を流して、手をこすってみてください。

臭い取り効果があるステンレス製シンクもあるみたいですよ♫

なんと、スチールソープを買う前にその効果を試すことができます♪

ただし、きちんとシンクの掃除をしたあとにお試しくださいね(^-^ゞ

ベルナー千切り器で作る<人参とさきいかのサラダ>

ご覧いただきまことにありがとうございます!

日記を書くのがだいぶ久しぶりになってしましました・・・。

さて、先日当店のお客様からおすすめレシピをご紹介いただきましたので、ご紹介させていただきます!

皆様もぜひお試しください♪

★ユーロキッチンのお客様おすすめ♪レシピ★
■ベルナー千切り器で作る<人参とさきいかのサラダ>■
<材料>
人参:中3本
さきいか:20g

米酢:大さじ1
サラダ油:大さじ1
砂糖:小さじ1/2
塩:小さじ1/4
白胡椒:少々

<作り方>
人参はベルナーの千切り器でせん切りにし、さきいかは
ハサミで1cmぐらいにカットします。
上記調味料で和えて、1時間ぐらい冷蔵庫で冷やして完成です♪

お酒のおつまみにも良いですね(^o^)

皆様の安否が心配です

東日本巨大地震が起こってしまい、皆様の安否がとても心配です。当店でも多少の被害がありましたが、お客様の中には甚大な被害を受けている地域の方もいらっしゃいますので、大変心配です。すぐに援助できることはしたいと思いながらも、運送屋さんもストップしており、物資を送ることも出来ず、無力さを痛感しております。当店としても、出来ることが限られておりますが、微力ながら支援できることはしてゆきたいと考えております。メールは大切な安否確認の妨げになる可能性もありますので、店長日記のページにて述べさせていただきました。

ステンレスのフライパン・鍋は何でもIHで使える?

フライパン・鍋には、IHで使えるものと、使えないものがあります。
最近のものには「IH対応・非対応」という表示が書かれていますが、一体どのような違いがあるのでしょうか?なんとな~く『鉄やステンレスなら大丈夫かな?』と考えていらっしゃる方は要注意です(○ 'ー')ノ
IHは『磁力』を利用した加熱方法ですので、土鍋やアルミニウムをはじめ、『磁石がくっつかないもの』は通常使えません。ステンレス製のフライパン・鍋でも、IHで使えないものがあります。
それでは一体、IH対応・非対応はどのように見分ければ良いのでしょうか?もしお手元にマグネット(磁石)があれば、フライパンの底の部分に当ててみて下さい。くっつけばIH対応、くっつかなければIHでは使えません。
特にステンレスに関しては、どれも見た目はほとんど同じですが、IHに使えるものと、使えないものがあります。多くのステンレス製フライパン・鍋は、底に「18/8」とか、「18/10」などの記載があります。これは、ステンレスの素材の鉄に混ぜてあるクロムという素材と、ニッケルという素材の比率を意味します。「18/8」なら「クロム18%、ニッケル8%」という意味です。(クロムはクロムめっきに使われる素材です。ニッケルは百円玉と同じ素材ですね♪)
しかし、これらのどちらの素材も、そのままではIHには使えません。IHに使えるものは、底の部分に「18/0」ステンレスなどの、磁石がくっつく素材を埋め込んでいるのです。
でも、ほとんどのIH対応ステンレス製フライパン・鍋の表記は「18/8」や「18/10」のみですが、『IH対応』や『Induction』と書かれていれば、IH対応です。底部にこっそり「18/0」ステンレスが埋め込まれているのです。
また、素材は磁石にくっつくものでも、底が凸凹でIHコンロに密着しないものは磁力の影響を受けにくく、IHには使えませんのでお気を付け下さい。


※以上は2011年2月17日15:16の日記です。以下は2015年6月5日に追記した内容です。


~追記~
上記の通り、IHクッキングヒーターでは、フライパンや鍋の底面が平らで密着することも、ものすごーく重要です。
できれば、「18/0」ステンレスがむき出しになっていて、直接IHクッキングヒーターに接するものが理想です。
その重要なポイントをしっかりカバーしているフライパン・鍋が、まさに下記でご紹介する「バイオタンフライパン」なのです。

初心者でもプロの味バイオタン特集



実は、IH用のフライパンの選び方には、あまり知られていないコツがあるのです。
そのコツとは・・・・

バイオタンでなくても、「フライパンを購入する際は、必ずしっかり底面をチェック」することです。
一般的に、安価なフライパンのほとんどが下の写真(左)の様に底面に「18/0」ステンレスのプレートが圧着されたものです。
これはコストを抑えて作る事ができます。しかし、熱がかかったときの歪みが大きく、熱効率が悪い事に加え、繰り返し使用するうちに
プレートが剥がれて、過熱できなくなってしまう事すらあるのです(IHクッキングヒーターが故障したと勘違いしてしまう方もいらっしゃるそうです)。
逆に下の写真(右)のバイオタンの様に、底面が平らで、「18/0」ステンレスが鋳込まれた一体成型のものは、ヒーターに密着するので熱効率も良く省エネで、
繰り返し使用しても「18/0」ステンレスのプレートが剥がれることはありません。




その他、詳しいフライパンの選び方などについては、是非、上のバナーからバイオタンの商品ページをご覧頂ければ幸いです。



牛乳を沸騰させると泡立たなくなるヒミツ

カプチーノ・カフェラテ・カフェマキアートなどを作る時、牛乳を温めて泡立てます。このとき、「ミルクフォーマーで泡立てても泡立ちが悪い」という経験はございませんか?


実は、これは「ゆでたまご」と同じ原理なんです。

タマゴを一度ゆでてしまうと、もう生タマゴには戻りません。牛乳も、一度沸騰させてしまうと、タンパク質が変性してしまうので、泡立たなくなってしまうのです。
(泡立ちには、タンパク質が大きく関わっているのです)
タマゴも牛乳も、タンパク質が変性する温度は69℃から71℃位といわれています。ですので、カフェラテ用にミルクを泡立てる時、60℃位がベストな温度になります。不安な方は50℃位で抑えておくといいかも知れません。さらに不安な方は、冷蔵庫から牛乳を出して、そのまま泡立てても大丈夫です(この場合、泡立ちは60℃よりは少し劣ります)。
牛乳は特に、15℃から40℃の間は泡立ちにくい性質がありますが、これは牛乳の表面張力が弱くなる温度です。
ひょっとすると、生物学的には、おなかで吸収されやすいように
このようになっているのかもしれませんね(定かではありませんが・・・)
牛乳には面白い性質があって、凍る一歩前位の低温でも、泡立ちが良くなります。

当店でご紹介しているミルクフォーマー「アエロラッテ」は、ハンディタイプのミルク泡だて器ブームの火付け役でした。今では多くのコピー商品が出回っていますが、発売開始から10年程経った今、「やっぱりアエロラッテじゃなきゃ長持ちしない」とお客様からご感想、お問い合わせをいただいております。

待望のクリップイットがついに入荷しました!

大変長らくお待たせいたしましたm(_)m待ちに待った、当店一番人気のウェーロック社製クリップイットがついに入荷いたしました。私自身、10年以上前から使っている、とてもしっかりしていて愛着のある保存用クリップです。一見何の変哲もない保存用クリップですが、これもまた、長く使ってみて良さの分かる逸品です。こういったものが中国ではなく北欧スウェーデンで生産されているというのが、最近ではすごく珍しいですよね。素材も惜しまず、高級素材デュポン社製ナイロン66を使用しています。今回は日本初上陸のラインナップの、超大型クリップイットPA320Sや、グリッパーPA100、ボックスロックPA7も新登場していますので、是非当店トップページ検索「ウェーロック」で検索してみて下さいね♪

あけましておめでとうございます!

いよいよ新年になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?昨年は横浜ワールドポーターズのお店を閉店し、ユーロキッチンかさいWEBショップをオープンさせていただきました。他にも、「飛び出せ科学くん」に出演させていただいたり、世界一のフライパン「デンマーク製ガストロラックス社バイオタン」や、大人気の保存用クリップ「スウェーデン製ウェーロック社クリップイット」の輸入準備を開始したりと、せわしなくあっという間の一年間でした。ユーロキッチンかさいは、今後もお客様のお声をもとに、より良いお店を目指して頑張りたいと思います。本年も何卒よろしくお願いいたしますm(_)m

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いらっしゃいませ(*^^)
当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ごゆっくりお買い物をお楽しみください。

【※休業日のお知らせ※】
上記カレンダーをご確認ください。

【営業時間】
平日
9:30~11:45 13:00~15:00
お問い合わせは★コチラ★

基本定休日は土、日、祝日となっております。

営業時間外、定休日にいただいたご注文・お問い合わせのご対応・商品の発送は、翌営業日以降になります。
ご了承ください。






Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

あんしんクレジットカード決済システム

楽天ID決済
楽天ID決済とは、楽天会員の方が楽天グループ以外のサイトでも「あんしん」「簡単」「便利」に、お支払いをすることができるサービスです。お支払い額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。






 

 

QR

店長日記

こんにちは!店長の河西零(かさいれい)です。

eurokitchen KASAIは、もっともっと楽しいお店にしていきますのでお楽しみに♪



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ